おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
ジオシス
船舶
自分の船を持つって、とても憧れますよね。
もし私にお金に余裕があれば、船を買って海の上を操縦してみたいです。
地上を離れて、海の上で過ごす時間って、とても特別なものがあると思います。
でもまず船を自分で操縦するには、免許が必要です。
車の免許については知っている人は多いでしょうが、船の免許って結構知らないことが多いのではないでしょうか。
船の免許も、車と同じくしっかり学習してから試験をうけて取ります。
船の免許を取るための教室もあるんです。
マリーナ、ヨットハーバーや海際施設の民営化、再生、有効活用とその運営を行うbiid株式会社は、運営施設である「大阪北港マリーナ」で2018年の上半期に開催する、ボート免許、船舶免許、ジェット免許(特殊小型船舶免許)の免許教室を、特別価格で受講できるキャンペーンの開催とその日程を発表したそうなんですよ。
小型船舶免許教習には国家試験受験タイプと国家試験免除タイプの2種類があり、オーシャンが主力とする小型ボート免許国家試験免除コースは、受験者が国家試験の受験会場へ行かずとも、学科・実技の講習後、その場ですぐに審査を受けることができ、移動や新たな日程の調整の手間がなく、短期間で好きな時に小型ボート免許の取得が可能で、そこで、合格すればあとは郵送にて、小型ボート免許が届くのを待つのみで、申請などの手続きはすべてオーシャンが代行するというものなのだとか。
予約はウェブでできるようになっています。
大阪市でボート免許をとることに興味のある方は日程、価格などを見て検討されてみてはいかがでしょうか。

biid(ビード)「大阪北港マリーナ」で開催する 船舶免許、ボート免許、ジェット免許(特殊小型船舶免許)の教室 での2018年上半期キャンペーンと日程の発表

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ジオシス
スポーツクラブ
子供のころの経験って、一つ一つがかけがえのないものだと思います。
全てのことが子供にとっては大きな学びとなり、その後の人生にも生かされていくのでしょうね。
子供にどんな経験をさせてあげるかというのは、どんな親御さんにとっても悩むところでしょう。
みんなと同じような経験をさせてあげるのもいいけれど、少し変わったことを学ばせてあげるのも一つの道だと思います。
例えば、最近だと子供にヨットを学ばせることができる大阪の幼児の習い事のクラブがあるそうなんですよ。
マリンスポーツを柱に海洋教育の普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、運営する総合型スポーツクラブ「大阪北港ちょっとヨットビーチクラブ」で幼稚園児を対象とした海洋スポーツ体験型幼児教室「大阪北港ちょっとヨットKids.」の2018年度新規受講生募集のため、無料説明会の開催とその日程を発表したそうなんです。
大阪北港ちょっとヨットKidsは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである江の島ちょっとヨットビーチクラブが開講し、4歳から週に一回海に通い、学べる海洋スポーツ体験型幼児教室なんです。
ヨットやボート、カヤックなどを体験しながら徐々に海になれていき、 スタンドアップパドル、ボディーボードなどを用いて水にぬれたり、海で遊ぶことを楽しいと思う心をはぐくんでいくそうです。
海に慣れさせ、 小学校になると『大阪北港ちょっとヨットJr.』の活動を開始することができるように徐々にジュニアヨットの基本や海の知識を学び、育成していくのだとか。
このようなスタイルの幼児教室は珍しいのではないでしょうか。
でもとても貴重な経験のできるスクールですし、ここで育った子供たちがどんな成長を遂げていくかというのはとても楽しみでもありますよね。
無料説明会がありますので、気になる方は参加して話を聞いてみてください。

海洋スポーツ体験型幼児教室「大阪北港ちょっとヨットKids.」  2018年度新規受講生募集の説明会を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事