おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
コスメ
ラビットチャレンジ
AIという言葉を、近年あちこちで聞くようになりました。
これからの時代、様々な場面でAIが取り入れられていくようになるのでしょうね。
AIについての知識のある人材も、ますます必要とされていくのかもしれません。
AIというと、難しそうな気もしますが、試しに少しずつでも学んでみるのもいいかもしれませんね。
学んでいくうちに、思わぬ発見や面白さが見つかるかもしれません。
エンジニア向けオンラインAI資格というのもあるそうですよ。
人工知能の教育コンテンツ提供を行なっている、ASAH株式会社は、2018年12月12日より、一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催するAI(人工知能)のエンジニア向け資格(E資格)のオンライン受講E資格試験対応講座第2期版より『ラビット・チャレンジ』と題して、25歳以下の方は6万円(税別)、26~37歳以下の方は9万円(税別)、一般・法人の方は15万円(税別)でリリースするそうなんです。
腕に自信のある人、チャレンジ精神のある人、受講料で二の足を踏んでいた人にとっては破格値でE資格の受験資格である講座修了証を得られる機会が生まれる事になり、人材不足と言われるAI業界の活性化に貢献することになるので、とても画期的な試みだと思います。
こういったことから、AI・ディープラーニングに関わる人材が増え、業界が活性化していくと、日本経済にとっても良い影響があるのではないでしょうか。
ラビットチャレンジ、これからも応援していきたいです。

エンジニア向けオンラインAI資格(E資格)試験対応講座を驚きの価格でリリース。 E資格受験に必要な修了証取得を目指す『ラビット・チャレンジ』を開催。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
サプライズリース
自転車
私は道を歩いていて、自転車に乗った人にぶつかってこられたことが何度かあります。
自転車の事故ってあまり報道されないですが、自転車に乗っている人は、結構トラブルが起きがちなのではないでしょうか。
自転車に乗った人が歩行者にぶつかって起きる事故もあれば、車にぶつかられて起きる事故もあると思います。
そういったことから、死亡事故になることもあるようなので、しっかりとした対策が必要になってくるのかもしれませんね。
IoT等の関連商品の輸入販売をおこなうADZUKI TRADINGでは、Smart Helmet「Livall(BHE60SE)」の先行予約販売を、11月16日(金)から12月27日(木)までクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で実施するそうなんですよ。
風防マイクとBluetoothスピーカーおよびLED、さらに3軸Gセンサーを搭載しており、自転車に乗る時の安全性を高めながら、快適にサイクリングができる商品なのだとか。
スマートフォンと連動し、走行中でのハンズフリー通話や好きな音楽を聞くことができ、LEDライトの点滅によるウインカー機能や、3軸センサーが衝撃を感知した場合にSMSによるエマージェンシー通知機能等を備え高い安全性を確保、さらに285gという超軽量化を実現しています。
本当にこだわって作られたスグレモノだなという感じがしますね。
どうせ安全対策するならこういった徹底的にこだわって制作されたものを選びたいですよね。
Bluetooth スピーカーの搭載により、連携したスマートフォンへの着信を、手元のリモコンとヘルメットで受け、走行しながらのハンズフリー通話が可能で、スマートフォンに入っている音楽を再生して楽しむこともできるので、楽しく自転車生活をおくれそうです。
アメリカのクラウドファンディング「Indie gogo」でも約3000万円を調達し多くのメディアに取り上げられたそうなんですよ。
クラウドファンディングサイト「Makuake」での予約販売の期間は、11月30日(金)から1月18日(金)までを予定していて、一般販売価格の約30%割引から販売されるそうです。
自転車に乗る時間が長い方は検討されてみる価値があるのではないかと思いますよ。

自転車の安全性と快適性を実現するSmart Helmet「Livall(BHE60SE)」をクラウドファンディングサイト「Makuake」にて11月30日から先行予約販売スタート!!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事