おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
スポーツクラブ
子供のころの経験って、一つ一つがかけがえのないものだと思います。
全てのことが子供にとっては大きな学びとなり、その後の人生にも生かされていくのでしょうね。
子供にどんな経験をさせてあげるかというのは、どんな親御さんにとっても悩むところでしょう。
みんなと同じような経験をさせてあげるのもいいけれど、少し変わったことを学ばせてあげるのも一つの道だと思います。
例えば、最近だと子供にヨットを学ばせることができる大阪の幼児の習い事のクラブがあるそうなんですよ。
マリンスポーツを柱に海洋教育の普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、運営する総合型スポーツクラブ「大阪北港ちょっとヨットビーチクラブ」で幼稚園児を対象とした海洋スポーツ体験型幼児教室「大阪北港ちょっとヨットKids.」の2018年度新規受講生募集のため、無料説明会の開催とその日程を発表したそうなんです。
大阪北港ちょっとヨットKidsは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである江の島ちょっとヨットビーチクラブが開講し、4歳から週に一回海に通い、学べる海洋スポーツ体験型幼児教室なんです。
ヨットやボート、カヤックなどを体験しながら徐々に海になれていき、 スタンドアップパドル、ボディーボードなどを用いて水にぬれたり、海で遊ぶことを楽しいと思う心をはぐくんでいくそうです。
海に慣れさせ、 小学校になると『大阪北港ちょっとヨットJr.』の活動を開始することができるように徐々にジュニアヨットの基本や海の知識を学び、育成していくのだとか。
このようなスタイルの幼児教室は珍しいのではないでしょうか。
でもとても貴重な経験のできるスクールですし、ここで育った子供たちがどんな成長を遂げていくかというのはとても楽しみでもありますよね。
無料説明会がありますので、気になる方は参加して話を聞いてみてください。

海洋スポーツ体験型幼児教室「大阪北港ちょっとヨットKids.」  2018年度新規受講生募集の説明会を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ヨットクラブ
子供の育て方に関する考えって人によっていろいろあると思いますが、子供の視野を広げるにはやっぱり、多くの経験をさせてあげることが大切だと思います。
例えば、スポーツを通して人間性や忍耐力を育てたり、成長していくこともできますよね。
最近注目のスポーツに、ヨットがあります。
日本ではあまりメジャーではありませんが、とても将来性があるように思うんです。
「大阪北港ちょっとヨットジュニア」という大阪の子供の習い事のクラブもあるそうなんですよ。
マリンスポーツを柱に海洋教育の振興、普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、大阪にて運営する総合型スポーツクラブである「大阪北港ちょっとヨットビーチクラブ」の小中学生を対象としたジュニアヨットクラブ「大阪北港ちょっとヨットJr.」の2018年度新規メンバー募集のため、無料説明会の開催と日程を発表したそうです。
大阪北港ちょっとヨットJrは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである大阪北港ちょっとヨットビーチクラブに属し、小中学生を対象に、ヨット、ウインドサーフィン、SUP(スタンドアップパドル)、を中心としたマリンスポーツを楽しく学び、遊ぶところから、セーリング競技等において世界選手権を目指せる人材、選手育成までをしているそうですよ。
大阪北港ちょっとヨットJr.は同じく子供たちへの海洋教育を振興する神奈川県の江の島を中心で活動する江の島ちょっとヨットJrの関連クラブであり、ちょっとヨットJrとして、本年もイタリアガルダ湖で開催された一人乗りのジュニアヨット競技の世界選手権であるワールドオープンカップに6年連続で日本代表として小中学生の選手を派遣しており、大学ヨット部や、インターハイ等で活躍する出身選手を多く輩出しているそうなんです。
アスリート志向の競技中心の活動だけではなく、海で泳ぐことや、遊ぶことなどのスポーツの基本である楽しむことを重視した活動を行い、江の島ちょっとヨットJr.は、その結果、現在の国内のジュニアヨットクラブとしては最多のメンバー数となり、国内最大規模のマリンスポーツクラブチームに成長し、大阪北港ちょっとヨットJr.もそれに続き、関西圏での子供たちの育成を狙い今回の募集を始めたそうなんですよ。
楽しみながらじっくり学んでいけるというのは、子供の学びにとっては最高のスタートなのではないかと思います。
このような優れた環境で多くの子供たちと切磋琢磨していけることは、子供にとってとても良い経験になるでしょうね。
無料説明会が開催されるので、興味のある方は気軽に参加して、内容を検討されてみてはいかがかと思います。

「大阪北港ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会の開始と日程を発表。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
マリンスポーツ
最近、公園などの子供の遊び場が減って、外で子供が遊べる機会が減ったように思います。
昔は、外で子供が遊んでいたりすることが多かったような気がするんですが、近ごろは外で子供の声を聴くこともあまりなくなったような気がしますね。
幼いうちに、のびのび遊ぶ経験をすることは、子供にとってとても大事なことだと思います。
普段おうちの中で静かに遊んでいる子供を、大きな自然に触れ合わせたいという方に、良さそうなスポーツクラブがあるんです。
「江の島ちょっとヨットジュニア」というクラブです。
マリンスポーツを柱に海洋教育の振興、普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、運営する総合型スポーツクラブである「江の島ちょっとヨットビーチクラブ」の小中学生を対象としたジュニアヨットクラブ「江の島ちょっとヨットJr.」の2018年度新規メンバーの募集のため、無料説明会の開催とその日程を発表したそうなんですよ。
ちょっとヨットJrは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである江の島ちょっとヨットビーチクラブに属し、小中学生を対象に、ヨット、ウインドサーフィン、SUP(スタンドアップパドル)、サーフィンを中心としたマリンスポーツを楽しく学び、遊ぶところから、セーリング競技等において世界選手権を目指せる人材、選手育成までを行っているのだとか。
今年もイタリアガルダ湖で開催された一人乗りのジュニアヨット競技の世界選手権であるワールドオープンカップに6年連続で日本代表として小中学生の選手を派遣しており、大学ヨット部や、インターハイ等で活躍する出身選手を多く輩出しているそうです。
また、アスリート志向の競技中心の活動だけではなく、海で泳ぐことや、遊ぶことなどのスポーツの基本である楽しむことを重視した活動を行い、その結果、現在の国内のジュニアヨットクラブとしては最多のメンバー数となり、国内最大規模のマリンスポーツクラブチームに成長したのだとか。
ちょっとヨットJr.は『O’penBic/オープンビック』というヨット、『Techno293/テクノ293』というウインドサーフィン、『Wing12.6/ウイング12.6』というスタンドアップパドルボード通称SUPの3種目の競技を複合的に利用し活動する、小学生から大学生までを対象としたマリンスポーツのクラブチームで、これらの競技はすべて『ワンデザイン』とよばれるすべての競技者が必ず同じメーカーの同じクラスの道具を使って本当のスポーツの技術を競うという本来のスポーツにあるべき姿を追求した種目で、道具の差が出ない平等な競技であり、世界の主流となりつつあるのだとか。
ちょっとヨットJr.ではこれらの艇を利用して、年代別、レベル別にそして、レジャー志向のお子さんからアスリート志向のお子さんまでを、安全に活動することを可能にするためのカリキュラムを用意しているそうです。
楽しみながら学んでいけるのが素晴らしいですね。
子供さんに水泳などを習わせる人は多いと思いますが、こちらのクラブなら、広くマリンスポーツを学ぶことができるので、さらに可能性が広がっていくような感じがしますね。
江の島ちょっとヨットビーチマリーナで説明会をするそうです。
ウェブからエントリーできますので、湘南の子供の習い事をお探しの方は気軽に参加されてみてはいかがでしょうか。

「江の島ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ヨット
子供のころにした経験って、大人になって成長していくうえでの土台になっていくんじゃないかなと思います。
広い世界を見て、いろいろな経験をした方が、視野も広がりやすいですし、将来にも生きてくるんじゃないでしょうか。
子供のうちに自然に触れあったりする機会も必要ですよね。
今は昔に比べると子供の遊び場も減ってしまっているので、積極的に子供を様々な活動に参加させていくことも大事なのかもしれませんね。
子供を学ばせる教室というのは、最近では結構あるようです。
マリンスポーツを柱に海洋教育の振興、普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、運営する総合型スポーツクラブ「江の島ちょっとヨットビーチクラブ」で幼稚園児を対象とした海洋スポーツ体験型幼児教室「江の島ちょっとヨットKids.」の2018年度新規受講生募集のため、無料説明会の開催とその日程を発表したそうなんですよ。
江の島ちょっとヨットKidsは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである江の島ちょっとヨットビーチクラブが開講し、4歳から週に一回海に通い、学べる海洋スポーツ体験型幼児教室です。
『江の島ちょっとヨットJr.』のプレスークールに位置づけられており、教室は『海』なんです。
まず週に1回短時間で、ヨットやボート、カヤックなどを体験しながら徐々に海になれていき、 スタンドアップパドル、ボディーボードなどを用いて水にぬれたり、海で遊ぶことを楽しいと思う心をはぐくんでいくのだとか。
幼稚園の間から海に慣れさせ、 小学校になると『江の島ちょっとヨットJr.』の活動を開始することができるように徐々にジュニアヨットの基本や海の知識を学び、育成していくそうです。
スイミングスークールでは学べないスケールの大きな運動やお部屋の中で行う幼児教室では学べない自然や知識や友情を学べるあたらしい幼児教室なのだそうですよ。
これはとても画期的な試みだと思います。
こういう機会を子供がたくさんもてて、経験を積み学んでいけたら素晴らしいことですよね。
江の島ちょっとヨットビーチマリーナで説明会をやるそうで、予約はウェブからできます。
湘南の幼児の習い事に興味のある方は参照なさってみてください。

海洋スポーツ体験型幼児教室「江の島ちょっとヨットKids.」  2018年度新規受講生募集の説明会を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事