おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
アナグライフ
近年の日本は、アニメ大国として世界から認識されるようになってきているようですね。
昔から世界で人気のあるアニメは多いですが、そんな日本のアニメも、時代と共に変化をしてきているようです。
昔のアニメは本当に子供向け、という感じでしたが、最近のアニメは大人でも鑑賞に堪えられるような作品が多いです。
可愛らしい絵柄に見えても、話は現代の世相を反映していたり、皮肉が効いていたりと、なかなかユニークなものが多いですね。
最近も、こんなアニメの情報を聞きました。
全員ボケ、全員ツッコミ、集団コントスタイルのちょっとクセになりそうなアイドル会話劇の新作アニメ「アナグライフ」が、6月8日(金)から映像配信サービス「GYAO!」にて独占無料配信されるそうです。
「ね子とま太」の尾中たけし原作、脚本、監督でアニメーション製作スペルバウンド、アニメ主題歌は声優連盟うたうたいだそうです。
「アナグライフ」は、とある都内近郊の森の中のウサギの巣穴を舞台にした、会話劇型のキャラクターアニメーションで、1話60秒全10話を映像配信サービス「GYAO!」にて独占無料配信するそうです。
毎週金曜日0時更新されるそうです。
短いので空いた時間に気軽に見られそうでいいですね。
アナグライフ、これから話題になりそうです。

4匹のウサギと1匹のモグラの”地下アイドル“が繰り広げる全編ノリツッコミのアイドルネタ会話劇新作アニメ「アナグライフ」、GYAO!にて独占無料配信開始!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ブロックチェーン
最近、ブロックチェーンという言葉をよく聞くようになって、いろいろ調べてみたんですが、ブロックチェーンというのはビットコインの技術のデータベースのようなものなんだそうですね。
実は調べてみてもよくわからなかったのですが、でも今注目を集めているビットコインなどの仮想通貨に関係しているという事なので、できるだけ理解しておきたいものですね。
ブロックチェーンを利用したものがこれからも色々出てくるのかもしれません。
これからはそういったことについていくために知識を集めておく必要があるのかもしれませんね。
仮想通貨、ビットコイン、イーサリアムだけじゃないブロックチェーンを活用したビジネスモデルやICO事例が満載 書籍「ブロックチェーン×エネルギービジネス」がAmazon売れ筋ランキング1位を記録したそうなんですよ。
元Google(グーグル)社長村上憲郎さんも推薦しているそうですし、電力ビジネスのデジタル化の全体像は、この本ですべて把握できるということらしいので注目を集めているのだと思います。
ブロックチェーンは、ビジネスにおいて何を実現してくれるのか、ブロックチェーンの担う役割、信用の新しい形、台頭する分散型発電、エネルギー業界とブロックチェーンの親和性、エネルギーデジタル化の鍵、パッケージ化されるエネルギーなどなど、大変興味深い内容となっています。
正直かなり難しそうで理解するにも苦労しそうですが、読み込んでみる価値はありそうです。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

仮想通貨、ビットコイン、イーサリアムだけじゃないブロックチェーンを活用したビジネスモデルやICO事例が満載 書籍「ブロックチェーン×エネルギービジネス」がAmazon売れ筋ランキング1位を記録 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
靴の臭いを消臭するモアビビ
電車に乗っていると、匂いが気になるんですよね。
特にこの時期は、湿気も強いので匂いが気になります。
でも、ふとした時に、あれ?この匂いもしかして自分からも出てないだろうか、と心配になるときがあるんですよね。
とくに、足の方の匂いが気になります。
何か対策しなければなと思っていたんですが、最近ちょっと気になるものを見つけました。
「モアビビの魔法の粉」という1年中使用可能な靴の消臭グッズです。
モアビビの靴消臭剤は世界中で人気のデオドラント商品で、スプーン一杯、靴にふりかけておくだけで、気になるニオイをとりのぞいてくれるのだとか。
どんなニオイも消臭してくれ、抗菌効果もバツグンで、効き目は約6カ月続くそうです。
香りは「無香料」「クールミント」「フローラル」の3種類あります。
私だったら、モアビビの魔法の粉を自分のレインブーツに使ってみたいですね。
レインブーツの匂いが一番気になるので、効果を試してみたいです。
足の臭い対策にモアビビの魔法の粉
ぜひチェックしてみてください。
データ
パソコンが登場してからというもの、生活は一変して便利になりましたよね。
もはやパソコンなしの生活はできない、という人は多いでしょう。
企業ならなおさらそうだと思います。
便利な分、データが漏洩してしまった時は悲惨ですよね。
大変な労力が必要になってしまいますし、しっかりと謝罪対応をしなければなりません。
そうならないように、できるだけの対応はしなければいけませんね。
最近注目しているのは「HD革命/Eraser V7」というものです。
Windowsパソコンのシステムやデータを復元不可能な状態に抹消するソフトウェアの最新版「HD革命/Eraser Ver.7」シリーズを6月15日(金)から全国の販売店ならびにインターネット通販サイトにて販売するそうなんですよ。
「HD革命/Eraser」は、常に心配がつきまとうパソコンからのデータ漏えいトラブルを防止するために、ハードウェアを破壊することなくデータを完全に抹消するWindowsパソコン用のソフトウェアで、保存期間を過ぎたマイナンバーをはじめ、個人情報の漏えいにつながる情報など、残しておきたくない情報をパソコンから強力に抹消し、流出を防いでくれるんですよ。
今回のバージョンでは、「SSDの抹消」にTrim(トリム)機能を搭載したそうで、Trim(トリム)機能は、データを削除した領域を未使用領域として通知するSSDがもつ機能のひとつなのだそうです。
選択したドライブの全領域にTrim(トリム)を実行し未使用領域とする仕組みとしなったのだとか。
ドライブ単位で、SSDを継続利用することでおこる書き込み時の速度低下を改善することが可能となったのだとか。
こういった細かなところも改善されてさらに良いものとなっているんですね。
「パソコン完全抹消」は、廃棄や譲渡などパソコンを手放すときに必要とされる機能を装備したアプリケーションソフトで、ソコン丸ごと、もしくはドライブごとにシステムやデータを完全抹消するときに便利なメニューがあるそうです。
「ファイル抹消」は、ファイルやフォルダーごとの抹消や特定の領域(空き領域・履歴など)を指定しての抹消が可能なアプリケーションソフトです。
2in1パッケージ「パソコン完全抹消&ファイル抹消」の価格は、パッケージ販売 通常版が4,800円+消費税となっているそうですが、機能を考えたらお得な価格なのではないかと思われます。
HD革命/Eraser Ver.7、これはぜひ私も使いたいなと思っています。

今求められているデータの完全消去へ的確に応える強力抹消ソフトの最新版「HD革命/Eraser Ver.7」を6月15日(金)より販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事