おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
ネオンペイント
アートと言うと、美術館へ行って絵を見る、という印象を持ちますが、でも本来、アートというのはもっと自由な物なのかもしれませんね。
アートってそもそもなんだろうと考えてみると、アートというのは人の感覚にうったえかけるものなのではないかな、と思いました。
近年のアートは、表現の幅がますます広まり、面白いものがいろいろ出てきているみたいです。
最近も、こんな話を聞きました。
イベント企画・運営業務を行っている寿屋は、ブラックライトで発光するネオンペイント実施サービス『NEONcase(ネオンケース)』を2018年10月1日より全国展開にて提供を始めたそうなんです。
『NEONcase(ネオンケース)』はブラックライトの光で発光する蛍光絵の具を使用したボディペイント「ネオンペイント」のアーティスト派遣サービスなのだとか。
ネオンペイントは実際にアーティストがお客さんの身体に下書きなしで、直接ペイントを実施するそうで、小規模のホームパーティから、大規模の企業・団体イベントまで様々なシーンに対応が可能だそうです。
そして、「感動と驚き」をお届けするための指針として、「100万人ハッピーペイントプロジェクト」の実現を目指す新サービス「NEONcase/ネオンケース」を、全国展開していくそうです。
また、ペインター派遣だけではなく「ブラックライトなどの備品のレンタル」や「より安全な専用の開発」などの業務も行っていくそうですよ。
ネオンペイントというのは私は初めて知ったんですが、とても独創的でユニークな試みだなと思いました。
色々な場面で盛り上がりそうなことが想像できますね。
ネオンペイントはこれから先もっと流行っていくんじゃないかなと思います。

「自分の身体がアート作品に!?」体験型アート!ネオンペイント サービス「ネオンケース」を10月よりスタート!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9876-f8ac5f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック