おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
馬を育てる
世の中にはいろいろな職業がありますが、生涯かけて動物と関わっていく仕事は、結構珍しい仕事だと思います。
たとえば、馬のお世話をする仕事なども、今でも存在しています。
競馬がある限り、この仕事はなくならないでしょうね。
馬が好きな人にはぴったりの仕事かもしれません。
毎日馬と顔を合わせながら仕事して生活していくというのも面白そうですね。
未経験から在学中にJRA(日本中央競馬会)の厩務員を目指せる馬の学校 東関東馬事専門学院と言う学校があるんです。
東京都江東区有明に本社がある株式会社 馬事学院が運営に携わる東関東馬事専門学院では、競走馬の育成スタッフの人材不足、厩務員の人材不足の対策に向け、数ある馬の学校の中でも、唯一、在学中に「未経験から同学院を通じて直接的にJRA競馬学校の厩務員課程を受験できるカリキュラム」を構築するそうなんですよ。
現在、同学院からは、女性のJRA厩務員輩出を含む平成29年より連続して計6名の合格者を送り出しており、人材不足傾向にある地方競馬の厩務員、JRA厩務員をふくめ5年間で30名の厩務員輩出に取り組んでいて、大井競馬場や川崎競馬場、船橋競馬場、名古屋競馬場を中心に、同学院が保有している約25頭の現役競走馬をレースに出走させてその競走馬の育成や調教などに、学生たちが直接的に携わる事ができるため、JRA競馬学校の厩務員課程の受験資格の1つである「牧場における育成馬・競走馬の騎乗経験1年以上」を満たす事ができるため、未経験からの入学でも特にJRA競馬学校厩務員試験学習に取り組みながら、在学中に最高3回までの受験ができ、合格率も平成29年秋期以降、75%という高い合格率を誇っているのだとか。
厩務員における人材不足が深刻化していることを背景に、東関東馬事専門学院では、暫定的に平成31年4月生の入学枠を通常より約10名分を増加し、平成30年10月1日より追加募集を開始することになったそうなんです。
希望者は、まずは、同学院のホームページ又は電話にて資料を請求し、同封の学校見学(入学説明会)に申し込み後に、出願が可能となるそうですよ。
馬の育成という特殊な分野ですが、熱意があって良い人材がたくさんそろうと良いなと思いますね。
興味がある方は、見学だけでもしてみるといいんじゃないでしょうか。
JRA厩務員試験予備教育などに興味のある方はチェックしてみてください。

未経験から在学中にJRA(日本中央競馬会)の厩務員を目指せる「馬の学校 東関東馬事専門学院(通称:バジガク)」が、平成31年4月生の最終募集を受け付け開始しました。5年間で30名の厩務員輩出を目指す。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9861-ef96cec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック