おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
引退した馬
人間って、日々いろんな生き物に支えられてきていると思うのですが、ともするとそのことを忘れてしまうことがありますよね。
利用するだけして、利用する価値がなくなったら、粗末に扱うというのはやっぱり自己中心的なことかもしれません。
そういったことは、誰かが警笛を鳴らさないと気づきにくい所もあると思います。
例えば、最近馬に関するこんな話を聞きました。
馬事学院の生徒たちが、行き場のない殺処分から救った引退競走馬から馬術競技馬へ再調教(転用調教)に携わった馬たちを活用した第8回全国高校生馬術選手権大会の開催が決まったそうなんです。
この全国高校生馬術選手権大会は、既存の全日本高等学校馬術競技大会(通称、インターハイ)とは違い『高校馬術部に所属していない個人でも高校生であれば参加できる馬術大会』引退競走馬から乗馬転用された馬術競技馬たちを活用し、貸与馬戦で行われる高校生のための馬術大会だそうです。
全国から参加する高校生の募集を開始したそうなんですよ。
近年、乗馬を趣味・スポーツとしてはじめる乗馬人口が増え、そうした馬を中心としたスポーツや文化が急速な人気を誇る裏側で、『競馬の役目を終えた引退競走馬の処遇』、『乗馬・競馬とのその産業を担う人材不足』という深刻な問題を抱える中、千葉県八街市の株式会社 馬事学院は、この2つの問題に対し対応すべく、『引退競走馬を活用した馬産業を担う人材育成と輩出』を行っており、その事業の一環として、関連会社である株式会社 東関東ホースプロジェクトが主催する全国の高校生を対象とした引退競走馬から馬術競技馬に転身した馬たちを活用した全国高校生馬術選手権大会を設立しました。
こういったことはとても良い試みだと思います。
これをきっかけに、さらに生き物への対処の仕方がよりよくなっていくと良いですよね。
こういう企業は積極的に応援していきたいです。
第8回全国高校生馬術選手権大会は平成30年8月18日(土)~19日(日)に行われます。
参加申込締め切りは、平成30年5月24日~平成30年7月20日(金)20時までで、この全国高校生馬術選手権大会では、企業等からの協賛スポンサーも同時に募集しているそうです。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

馬事学院(バジガク)の生徒たちらが、行き場のない殺処分から救った引退競走馬から馬術競技馬へ再調教(転用調教)に携わった馬たちを活用した『第8回全国高校生馬術選手権大会の開催決定』参加者募集開始へ

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9779-1d99a1ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック