おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
ホームシアタープロジェクター
最近では、家でも大きな画面で映画などを楽しむことができるようになりましたよね。
大画面で、質の良い映像を見ることができる機器がたくさん登場してきているので、どれを選べばいいか難しくなってきているように思います。
できればやっぱり、自分の環境や希望に合ったものを選びたいですよね。
最近注目しているプロジェクターがあるんですよ。
米国発の総合ディスプレイ機器メーカーであるビューソニックジャパン株式会社がホームシアタープロジェクターの新製品として、4K UHD HDR対応DLPホームシアタープロジェクター「PX727-4K(2200ルーメン)」と「PX747-4K(3500ルーメン)」の2モデルを日本市場に導入することになったそうなんです。
PX727-4Kを3月30日、PX747-4Kを4月下旬から新発売するそうで、どちらのモデルも4K UHD 830万画素、HDR対応、SuperColorテクノロジー、HDCP2.2に対応したHDMI端子の搭載、バックライト付きリモコン、ランプ寿命約15000時間のSuperEcoモードなど、豊富な機能が備わっている優れものです。
2モデルの違いとして、「PX727-4K」は2200ルーメンの明るさでRGBRGBカラーホイールを採用し、映画館で見るような高い色再現性を備えたモデルで、「PX747-4K」は3500ルーメンの高輝度モデルで、宅やスポーツバーなどの飲食店やイベントスペース等、明るい環境下でもくっきりとした4K映像を映し出すモデルになるのだとか。
また、「PX747-4K」はCOSTCO専売モデルとして4月下旬より全国のCOSTCOで売られるそうですよ。
価格は149,800円ということになるらしいですが、十分その価値はありそうですね。
色彩の美しさ、再現性、迫力のあるゲームにも適していますし、明るい場所でも暗い場所でもよい画質、長寿命設計など、様々な魅力の詰まった製品です。
このようなホームシアタープロジェクターが家庭に一台あったら毎日が楽しくなりますね。
私も買いたいなと思ってます。

「4Kの大画面を身近に。」をコンセプトとした、 4K UHD HDR対応DLPホームシアタープロジェクター2機種を新発売 ~用途で選べる「2200ルーメン」「3500ルーメン」の2機種展開~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9740-55a5aa30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック