おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
マリンスポーツ
最近、公園などの子供の遊び場が減って、外で子供が遊べる機会が減ったように思います。
昔は、外で子供が遊んでいたりすることが多かったような気がするんですが、近ごろは外で子供の声を聴くこともあまりなくなったような気がしますね。
幼いうちに、のびのび遊ぶ経験をすることは、子供にとってとても大事なことだと思います。
普段おうちの中で静かに遊んでいる子供を、大きな自然に触れ合わせたいという方に、良さそうなスポーツクラブがあるんです。
「江の島ちょっとヨットジュニア」というクラブです。
マリンスポーツを柱に海洋教育の振興、普及を行う一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、運営する総合型スポーツクラブである「江の島ちょっとヨットビーチクラブ」の小中学生を対象としたジュニアヨットクラブ「江の島ちょっとヨットJr.」の2018年度新規メンバーの募集のため、無料説明会の開催とその日程を発表したそうなんですよ。
ちょっとヨットJrは文部科学省が推奨する総合型地域スポーツクラブである江の島ちょっとヨットビーチクラブに属し、小中学生を対象に、ヨット、ウインドサーフィン、SUP(スタンドアップパドル)、サーフィンを中心としたマリンスポーツを楽しく学び、遊ぶところから、セーリング競技等において世界選手権を目指せる人材、選手育成までを行っているのだとか。
今年もイタリアガルダ湖で開催された一人乗りのジュニアヨット競技の世界選手権であるワールドオープンカップに6年連続で日本代表として小中学生の選手を派遣しており、大学ヨット部や、インターハイ等で活躍する出身選手を多く輩出しているそうです。
また、アスリート志向の競技中心の活動だけではなく、海で泳ぐことや、遊ぶことなどのスポーツの基本である楽しむことを重視した活動を行い、その結果、現在の国内のジュニアヨットクラブとしては最多のメンバー数となり、国内最大規模のマリンスポーツクラブチームに成長したのだとか。
ちょっとヨットJr.は『O’penBic/オープンビック』というヨット、『Techno293/テクノ293』というウインドサーフィン、『Wing12.6/ウイング12.6』というスタンドアップパドルボード通称SUPの3種目の競技を複合的に利用し活動する、小学生から大学生までを対象としたマリンスポーツのクラブチームで、これらの競技はすべて『ワンデザイン』とよばれるすべての競技者が必ず同じメーカーの同じクラスの道具を使って本当のスポーツの技術を競うという本来のスポーツにあるべき姿を追求した種目で、道具の差が出ない平等な競技であり、世界の主流となりつつあるのだとか。
ちょっとヨットJr.ではこれらの艇を利用して、年代別、レベル別にそして、レジャー志向のお子さんからアスリート志向のお子さんまでを、安全に活動することを可能にするためのカリキュラムを用意しているそうです。
楽しみながら学んでいけるのが素晴らしいですね。
子供さんに水泳などを習わせる人は多いと思いますが、こちらのクラブなら、広くマリンスポーツを学ぶことができるので、さらに可能性が広がっていくような感じがしますね。
江の島ちょっとヨットビーチマリーナで説明会をするそうです。
ウェブからエントリーできますので、湘南の子供の習い事をお探しの方は気軽に参加されてみてはいかがでしょうか。

「江の島ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9717-ffdbc91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック