おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
改革
日本人はよく働くというイメージを外国からは持たれていると思います。
実際、残業が多かったり、実務時間は多いようですね。
その割に、成果がでていなかったりすることもあるようです。
外国では、勤務時間が短い割に成果がでているのは、働き方の効率が良いからではないでしょうか。
働くことの目的が明確な方が、業務を効率的に進めやすいと思います。
日本人はどこか、他人を気にしたり、働くために働いているような感じがありますね。
何のために働いているのか、何のための業務かを改めて問い直し、働き方に対しても柔軟に取り組んでいくことも今後は必要なんじゃないかと思います。
ビジネスソーシャルのパイオニア、株式会社Beat Communicationでは、多様化する社会の中、企業のあり方を先見し、ホラクラシーの浸透を目的としたハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を6月20日よりリリースするそうなんですよ。
ホラクラシーを導入のメリットは、現代のような複雑な環境変化に臨機応変に対応できるということなのだとか。
飛行機で例えれば、エンジンが炎上し墜落しそうになっている時、ヒエラルキー組織の場合パイロット一人が対応するのに対し、ホラクラシー組織では乗組員複数が危険を察知し対処するため、短時間で問題解決が可能になるそうです。
このような働き方改革は今後ますます注目されていくのではないでしょうか。

ビートコミュニケーション、新しい働き方改革を推進する ハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を提供開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9591-7c3de31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック