おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
報奨金

ネット上ではハッカーはやりたいようにやれる存在ですよね。
いろいろな問題を引き起こすことがありますが、それに対して、ホワイトハッカーという存在もいるそうです。
ウェブサービスやアプリケーションにおける脆弱性やバグが存在しないか調査・検証してくれるそうなんですよ。
見つかった場合は企業より報告を受ける対価として報奨金を発見者に支払う取り組みがあるそうです。
現時点で約200名のホワイトハッカーがBugBounty.jp及びバグ報奨金プログラムで登録し、日々調査検証を行っているそうですよ。
こういった試みはとても良いものですよね。
技術は自分の欲ではなく、人のために生かし、そして報酬をもらうというのはとても賢く、正しいやり方だと思います。
インターネットサービスやソフトウェアの開発・提供を行う Dayz株式会社は、ウェブブラウザ「Kinza」の最新版「Kinza 3.4.0」を本日より公開するのだとか。
今回のバージョンでは、8月17日に開始したスプラウト社が運営するホワイトハッカー向けバグ報奨金プログラム(BugBounty.jp)より報告を受けた8件のうち、検証により脆弱性と認定した4件の対応に加え、あわせてこれまで同様にユーザーからの要望に応えた新機能や改善点を実装しているそうですよ。
こうしてネット上の悪との闘いは続いていくのだと思いますが、できるだけ善に勝っていてほしいですね。
そのためのBugBounty.jpのような企画はどんどん打ち出していくべきですし、そういうことを推進していく流れになってほしいですね。

ユーザの声で進化を続けるWin/Mac向け国産ウェブブラウザ ホワイトハッカーの指摘でセキュリティがより強固に!最新版「Kinza 3.4.0」本日より公開 https://www.kinza.jp

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9410-8be8b60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック