おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
経費
最近ニュースを見ていると、舛添東京都知事が会見をしている映像をよく見ますが、とても大変な問題になっていると思いますね。
あれだけの私事で国民の税金を浪費していることは信じられないなと思うんですが、それ以前に、それを見ていた経理の方々はどんなふうに思っていたのか、気になります。
舛添都知事のワンマン体制があったのかもしれませんが、経理のシステムがしっかり機能していることも大事だと思います。
経理を機能させるために、いろいろな方法があると思うんですが、最近こんな情報を聞きました。
出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカーでは、Peach Aviation株式会社が全社経費管理基盤としてConcur Expenseが本番稼働したと発表したそうなんですよ。
2011年2月に関西空港を拠点に日本初のLCC(ローコストキャリア)として設立されたPeachは、那覇空港や成田空港、羽田空港からの路線も拡大させており、現在、国内線14路線、国際線10路線を就航し、ビジネス規模を急拡大させているんです。
新興国市場の旺盛な需要や円安効果などにより、旅客需要が拡大したことで、運航乗務員や客室乗務員、地上係員など顧客にサービスを提供する社員の労働生産性の向上が求められていて、経費精算領域の省力化を目的に2015年12月にConcur Expenseの導入を決定、2016年4月に本番稼働、約800名の社員の経費精算業務を支援する統合基盤として利用が始まりました。
Concur Expense導入により、従来、社内に戻り、PCで入力作業や申請をしなければならなかった経費精算処理を、モバイル経由で外出先でできるほか、職種ごとに異なった承認フローを設定しガバナンスを強化するとともに、経理部門は紙ではなくモバイルで撮影された領収書画像のみで確認作業を行うなど、あらゆる部門での生産性が向上しました。
こういったシステムを利用することで、効率的にもなりますし、無駄を随分削れるんじゃないかなと思いますね。
関西空港を拠点とするPeachはとても注目すべきサービスだと思います。
今後の状況もチェックしていきたいなと思いますね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9302-0c6c42b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック