おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
ブラウザ
ウェブブラウザといえば、外国製のものがメジャーだと思います。
実際私も、今使っているものも外国のウェブブラウザですし、知っているブラウザも全部外国のものです。
でも、純国産のウェブブラウザというのがあるらしいんですよ。
インターネットサービスやソフトウェアの開発・提供を行うDayz株式会社では、Google Chromeを支えるオープンソースソフトウェア「Chromium」をベースに開発され、ユーザーの声で進化を続ける純国産のオリジナルウェブブラウザ「Kinza」の最新版となる「Kinza 3.1.0」(対応OS:Windows 7/8/8.1/10)を、今日から公開するらしいんですよ。
「Kinza 3.1.0」の機能強化内容は、Chromiumのメジャーバージョンアップに対応したこと、サイドバーの設定を一新して他の設定と同じ階層に移動したこと、サイドバーの設定に拡大縮小を追加、サイドバーの設定に「タブ」を追加、サイドバーをフルスクリーン状態でも表示できるように変更、デフォルトの検索エンジンに関わらず右クリックメニューから「Googleで画像を検索」を使用できるように変更など、多岐にわたります。
外国産のものを使っていると、外国製らしいなと感じることがあります。
日本産のものを使っていると、細やかな気づかいやこだわりを感じられるので、これは日本製らしいなと感じることが多い気がします。
日本製のもののほうが日本人にとってはやっぱり使いやすいのではないかなと思いますね。
日本製のウェブブラウザがメジャーになったらすごいことだと思います。
日本人として、この「Kinza」という純国産のオリジナルウェブブラウザは応援していきたいですね。

ユーザーの声で進化を続ける純国産ウェブブラウザ Chromiumのメジャーバージョンアップに対応した最新バージョン「Kinza 3.1.0」 本日より公開 https://www.kinza.jp 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9265-8e6a9e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック