おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
電子カルテ
病院でも、最近はどんどん電子化が進んでいるらしいですね。
昔は紙でやっていたことを電子化でできるようになったことで、どんどん業務が効率化しているようです。
電子化のなかでも電子カルテはとても便利になってきてるらしいですよ。
こんな情報もでてきています。
クリニカル・プラットフォーム株式会社と株式会社メドレーは2月17日、クラウド電子カルテ「Clipla(クリプラ)」によるオンライン病気事典「MEDLEY」のデータ活用を始めたそうなんですよ。
クラウド電子カルテ「Clipla」に入力した傷病名からワンクリックでオンライン病気事典「MEDLEY」の傷病に関する患者向け情報ページを自動表示する機能が追加されました。
Cliplaは、ブラウザだけで利用できる診療所向けクラウド電子カルテで医療現場で活躍しているアドバイザーによる監修のもと、直感的に操作できるシンプルなユーザーインターフェースを実現しています。
患部の状態をスマートフォンで撮影し直接カルテに保存できる「スマホアップロード」機能や、患者さんがお持ちのPCやスマートフォンから診察予約ができる「Webチェックイン」機能などを搭載されていて、診療報酬請求に必要なレセプトソフトは日本医師会が提供する「ORCA」と連携しており、会計業務の効率化に貢献してくれるそうです。
とにかく、これがあれば病院側だけでなくて、患者側からもとても利用しやすくなるようです。
電子化によって、病院の敷居の高さがなくなっていく感じですね。
最近は病院に行っていなかったのでよくわからなかったのですが、時代はここまで進んでいるんだなぁと感心してしまいました。
こういうシステムはこれからもどんどん発展していき、より効率化が進んでいくことでしょうね。
高齢化が進む現在では頼もしい限りです。
これからも注目してみていきたいですね。

クラウド電子カルテ「Clipla」によるオンライン病気事典「MEDLEY」のデータ活用開始カルテに入力した傷病名からワンクリックで傷病に関する患者向け情報を自動表示

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/9170-21594757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック