おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
リゾート
最近の日本は、観光業が盛んになってきているようですね。
あちこちで外国人を見かけるようになりましたし、リピーターも多いと聞きます。
これからは、日本の海も人気が出るのではないかなと思いますね。
海というのは世界中普遍的なものではありますが、日本の海には日本の海ならではの美しさ、魅力があると思います。
海沿いの地域の観光というのも、これからは注目じゃないかなと思いますね。
biid株式会社は、4月15日(月)瀬戸内海の小豆島のシータイガーアイランドイン(香川県小豆郡小豆島町、 アイランドイン)の運営を受託し、施設の再生、有効活用と事業継承に着手したことを発表したそうなんですよ。
アイランドインは、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の吉田湾内にて、プライベート利用のできる海域とプライベートビーチ、そして大型モーターボートを係留できる桟橋が設置されたマリーナ施設とバンガロー中心の宿泊施設のあるリゾート施設なんです。
昨年まで、株式会社リゾートクラブシータイガーが5月から9月までの期間限定で瀬戸内海のクルーザーオーナーを対象に、桟橋にクルーザーを係留し宿泊するスタイルの宿泊事業と飲食事業がおこなわれており、この度、シーターガーは、ビードと運営業務に関し業務提携を行うことで、今までのオペレーションを一新し、従来の顧客層に加え、一般観光客、インバウンド観光客までを視野に入れた新たな顧客層の取り込みと、ビードが得意とするマリーナ等海際施設の再生有効活用により、シータイガーの課題であった現経営陣の高齢化問題を解決し、その事業継承に取り組むことで更なる事業の拡大を目指すこととなったのだとか。
既存の施設に甘んじることなく、さらに改善を続けていこうというこの会社の心意気を感じますね。
世の中の変化は早いので、このぐらい前向きに攻めの姿勢でビジネスを進めていくのは良いことなんだろうと思います。
これからますます面白くて人気のあるリゾートに進化していってほしいなと思います。
小豆島のホテルをお探しの方は是非チェックしてみてください。

biid(ビード)小豆島のシータイガーアイランドインの運営を受託  ~瀬戸内海のプライベートビーチと桟橋のある宿泊施設併設マリーナをマリンリゾート集客施設へ再生、有効活用と事業継承に着手~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/10067-630011b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック