おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
DVD再生プレーヤー
私は気に入ったDVDを購入してパソコンで見ることが良くあるんですが、DVDの操作って結構面倒な部分が多いんですよね。
でもそういったわずらわしさを解消してくれそうなものを見つけました。
株式会社sMedioは、Windows(R) 10のユニバーサル Windows(R) プラットフォーム(UWP)に対応したDVD再生プレーヤー「sMedio True DVD」を2019年3月29日(金)よりWindows(R) Storeにて販売を始めるそうなんです。
sMedio True DVDは、従来のデスクトップ版アプリケーション「sMedio True DVD Touch」の進化版で、Windows(R) 10から導入されたユニバーサル Windows(R) プラットフォームに完全対応したそうで、これにより、Windows(R) PCやタブレットのユーザーがsMedio True DVDを購入した場合、常に最新のアプリケーションを入手することができるようになるそうです。
デスクトップアプリ特有の煩わしいインストール作業が不要になり、より一層手軽にDVDの視聴ができ、タッチ操作に最適なユーザーインターフェイス設計により、タッチスクリーンに対応したPCやタブレットではマウス操作が不要となるんです。
市販されているDVDメディアの再生だけでなく、TV番組録画対応レコーダーで録画したCPRM形式のDVDの再生にも対応していて、購入前には7日間の無料試用期間があり、PCやタブレットでDVDの再生が可能かどうかを確認した上で安心して利用することができるんです。
「sMedio True DVD」はDVDをよく見る人にとってはすごく便利な製品だと思うんですよね。
これだけの機能があって1,750円という価格なのもお得感を感じますね。
しかも、提供開始から3日間、1,150円の特別価格で販売されるそうなので、安く買いたい方はこの機会に買っておくことをお勧めします。
sMedioでは、従来から開発に取り組んできたBD / DVD組み込み型VAlution BDやPC、モバイル環境での光学ディスク再生技術の蓄積を元に、最新のユニバーサル Windows(R) プラットフォームへ最適化したアプリケーションとして最高のパフォーマンスを発揮する製品を今後も開発していくそうなので、今後の発表が楽しみです。
今後もどんどん新しい製品が生み出されていくのではないでしょうか。
こういう企業はぜひ頑張ってほしいなと思いますね。

ユニバーサル Windows(R) プラットフォームに対応したWindows(R) 10対応DVD再生プレーヤー「sMedio True DVD」3月29日(金)に発売

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://615yuu.blog79.fc2.com/tb.php/10035-4f994756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック