おすすめ通信
おすすめなものを気ままにつづります。
馬の一生
人間と馬は、昔から共生しながら過ごしてきました。
馬は、人間の暮らしを支えてくれたパートナーともいえる存在だったと思うんですね。
現代ではどうかと言うと、現代ではやはり車や鉄道などの移動手段が主流となり、馬が活躍する場所も減りました。
競馬などで競走馬として活躍する場合もありますが、競走馬の現役生活は数年で、その後は稀に知り合いの乗馬クラブなどに引き取られるケースを除いては、引退後数か月間、肥育所で育てられ、その後、食肉となってしまうのが、引退競走馬の宿命でもあるのだとか。
果たして、馬の一生は、幸せと言えるのかどうか。
でも最近、こんな情報を知りました。
JRAや地方競馬のレースを引退し、行き場のない引退競走馬たちを受け入れ、馬術競技馬に再調教をおこない、全国の高校生と共に輝ける第7回 全国高校生馬術選手権大会を千葉県八街市の東関東馬事専門学院・東関東馬事高等学院キャンパスで平成30年1月6日(土)~7日(日)に開催するそうなんですよ。
この馬術大会を通じて、JRAや地方競馬の華やかなレースの裏側で、こうした引退競走馬の実態が存在することを多くの方に知ってもらうと同時に、引退した競走馬たちが乗馬の世界でも十分に活躍できることをアピールし、全国の乗馬クラブをはじめ個人や企業などにも、こうした取り組みを理解してもらい、日々、競走馬を引退し肥育所に送られてしまう馬たちの第二の活躍の場を広げていきたいという思いからこの企画を行っているそうです。
引退競走馬というレッテルを張られてしまう馬たちが、これからの乗馬界を担っていくであろう今の高校生たちと共に人馬一体となって、活躍できる輝けるステージのひとつとして開催される大会だそうです。
素晴らしい試みですよね。
開催にあたり、全国の高校生(乗馬大会出場経験者)を募集すると共に、個人・団体・企業様に対し、第7回全国高校生馬術選手権大会への協賛スポンサーの募集を行っているのだとか。
ぜひ応援したい、という方は結構多いのではないのかなと思います。
できるだけ多くの方にこのことを知っていただいて、ぜひ参加してもらえたらうれしいですね。
こういった試みから、状況が良くなっていくことも大きいと思います。
乗馬大会スポンサー申込されたい方は、申し込みフォームから申し込んでみてくださいね。

JRA 地方競馬の引退競走馬に活躍の場を!レースを終え行き場のなくなった引退競走馬を再調教し、全国の高校生たちと共に輝ける馬術大会。馬との歴史ある千葉県八街市の高校で、全国高校生馬術選手権大会が開催!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
イルミネーション
イルミネーションって、人の心を癒してくれるものだと思います。
忙しい一日が終わって、ほっと一息つきたいな、という時にはイルミネーションを見に行って見るのもいいんじゃないでしょうか。
まるで夢の世界にいるような感覚を味わえて、ストレスも自然に解消していくのではないかと思います。
時には、現実を離れて、そんなリラックスできるひと時を楽しむ心の余裕も必要ですよね。
夜景観光コンベンション・ビューローでは、11月13日(月)、第五回イルミネーションアワードでの投票を元に、今年注目の人気急上昇イルミネーションを発表したそうなんですよ。
昨年「総合エンタテインメント部門」の第八位を獲得した香川県丸亀市の「レオマ光ワールド」が、今年は第6位にランクアップしているそうです。
その原動力は、2016年に誕生した「あなたもシンデレラ気分♪ティアラの森」「光るジェットコースター・ビバーチェスター」「フォレストファンタジー」「バードフライヤーギャラクシー」など全7つのエリアで、さらに、西日本初の360度プロジェクションマッピングや、「奇跡のオーロラショー」も人気を博しているのだとか。
今年は「8号橋」「ごっこタウン」「「バードフライヤー」「ビバーチェ」「ローズガーデン」も煌びやかな演出を纏いパワーアップしているそうで注目です。
こうやってランキングが出ていくことで、各地のイルミネーション施設が切磋琢磨して、より素晴らしいものを見られるようになっていくのかもしれませんね。
これからの発展もさらに楽しみです。
レオマ光ワールドは今年は12月23日~25日に「奇跡のオーロラショー×クリスマス花火ファンタジア」や12月31日にレオマで年越し・1万人のカウントダウンセレブレーションなどといったイベントも開催されるので注目です。
寒い冬ですが、イルミネーションの明かりで心を温めてみてはいかがでしょうか。

本年注目の人気急上昇イルミネーションを発表!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
AWS
今の時代は、人口も増え、環境にも負荷がかかり、世界的にも経済成長が求められていますが難しい時代になってきたと思います。
そんななか、生き残っていけるのは、できるだけ無駄をなくし、効率的に業務を行っていける企業なのではないでしょうか。
様々な場面でコストダウンを検討していくことは、今や不可欠ですよね。
ITやクラウドの部分でもコストダウンをしっかり行っていくことは、後々のことを考えてもとても重要なことだと思います。
専門的な人材が社内にいない場合には、そういった分野に長けている業者に依頼してみるというのもいい方法だと思うんです。
そこで今、注目の情報があるんですよ。
法人向けAWS導入100社超の実績を持つXP.CLOUDを運営する、株式会社クロスパワーは、毎週金曜日に下期予算活用のためのAWS導入無料相談会を開催するそうなんです。
大手メーカー系ベンダーとの比較で、開発投資費用が「当初予算の65%」で納品した実績もある、優秀な会社のようです。
ヒアリングを重視した見積と提案を武器に、XP.CLOUDは最適なプランを提案することで、他社の構築見積と比較して平均で80~70%のコストカットを実現することに成功したのだとか。
多様な手段でのファイル共有化、豊富な事例からの提案オンプレミスからクラウド環境への移行、VPN(Netcloud)とオンラインストレージ(おまかせファイルサーバー)、ダイレクトコネクト(AWS)など、様々な手段でのファイル共有化に強みがあり、AWS、オンプレ、アプリ開発など様々な角度からの提案力が強みなのだそうです。
幅広いニーズに応えることのできる専任担当者が、じっくりとお客さんの時間が許す限り提案してくれるそうですよ。
こういうしっかりしたノウハウのある企業はこれからは強い時代ですよね。
相談会参加し、契約すると、ハンバーグセット(肉の万世)や、アマゾンギフト券もプレゼントしてもらえるチャンスもあるそうです。
興味のある方は、ぜひこの機会に気軽に参加してみるといいんじゃないかと思います。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
ピーエイ